出版等の告知

2017年5月 1日 (月)

公開動画 「主体性はもともとあるもの?育むもの?」

2017.4.19.公開
©東京大学 大学総合教育研究センター 教育課程・方法開発部門
©一般財団法人日本教育研究イノベーションセンター
 
3時間じゃ到底分からない!マナビの理論
「主体性はもともとあるもの?育むもの?」
主体性をキーワードに3時間みっちり徹底討論してみました。
 
山辺恵理子
木村充
田中智輝
村松灯
小玉重夫
 
 動画は、こちらへ

2016年9月 4日 (日)

教育政治学を拓く-18歳選挙権の時代を見すえて

 小玉重夫『教育政治学を拓く-18歳選挙権の時代を見すえて』(勁草書房)が刊行されました。

 Photo
 詳しくはこちらへ

2016年7月 1日 (金)

18歳選挙を見据えて,中学校で養いたい資質・能力

教育出版のウェブサイト、コラム「Socio WEB」に表記の文章を寄稿しました。

 こちらへ

2015年12月27日 (日)

家庭で話す政治教育

Z会のサイトに表記のインタビューが掲載されました。

詳細はこちらへ。

2015年10月 8日 (木)

アンソニー・ギデンズインタビュー

 この5月に私たちが行ったアンソニー・ギデンズのインタビューと訳者解題が、『世界』11月号に掲載されました。詳細はこちらを参照
 なお、訳者解題で紹介したギデンズの最新著Turbulent and Mighty Continent-What Future for Europe? , Polityは、岩波書店から翻訳が出ました。
脇阪紀行訳『揺れる大欧州-未来への変革の時』岩波書店、2015 詳しくはこちらへ

2015年6月 1日 (月)

教育オピニオン:18歳選挙権と主権者教育

 明治図書の「教育オピニオン」欄に、「18歳選挙権と主権者教育」という文章を寄稿しました。
 こちらを参照。

2015年1月11日 (日)

Democracy's Education: Public Work, Citizenship, and the Future of Colleges and Universities

Harry Boyte編のDemocracy's Education: Public Work, Citizenship, and the Future of Colleges and Universities ,Vanderbilt University Press が刊行されました。

 Democracys_education

 Chap.23 Shigeo Kodama “Higher Education and Political Citizenship: The Japanese Case”を執筆しています。
詳しくは、こちらへ

2013年10月24日 (木)

小玉重夫『難民と市民の間で-ハンナ・アレント『人間の条件』を読み直す』

 小玉重夫『難民と市民の間で-ハンナ・アレント『人間の条件』を読み直す』(現代書館)が刊行されました。

 詳しくはこちら

 Photo_4
 

 この本にも書きましたが、10月26日から岩波ホールをかわきりに、映画『ハンナ・アーレント』が全国で一般公開されます。

 詳しくはこちらへ。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ