講演会・研究会・イベント等の告知

2018年11月17日 (土)

日本学術会議主催学術フォーラム 乳幼児の多様性に迫る:発達保育実践政策学の躍動

20181118日(日) 13:00-17:00

(12:30- 開場)

会場: 日本学術会議講堂

 

企画趣旨説明:遠藤 利彦(日本学術会議第一部会員/東京大学大学院教育学研究科 教授)

第1部 乳幼児の発達特性の多様性

 話題提供:保前 文高(首都大学東京人文科学研究科 准教授)

「ことばが繋ぐ多様な脳」

 話題提供:久保山 茂樹(独立行政法人国立特別支援教育総合研究所 総括研究員)

「特別な教育的ニーズのある子を包み込む保育者や子どもたち」

 指定討論:大隅 典子(日本学術会議第二部連携会員/東北大学大学院医学系研究科 教授)

第2部 乳幼児の養育環境の多様性

 話題提供:末冨 芳(日本大学文理学部 教授/子供の貧困対策に関する有識者会議 構成員/公益財団法人あすのば理事)

「乳幼児期からの継続的貧困層の育ちとニーズ」

 話題提供:額賀 美紗子(東京大学大学院教育学研究科 准教授)

「移民的背景をもつ子どもたちの家庭環境と日本社会への適応」

 指定討論:村上 祐介(日本学術会議第一部連携会員/東京大学大学院教育学研究科 准教授)

第3部 パネルディスカッション

 

まとめと閉会挨拶 

小玉 重夫(日本学術会議第一部会員/東京大学大学院教育学研究科長)


総合司会:野澤 祥子(東京大学大学院教育学研究科 准教授)

 

詳しくは、こちらへ

2018年10月16日 (火)

市⺠としての⼦どもを考える教育の可能性

東京⼤学ホームカミングデー教育学部・教育学研究科企画
SGU 戦略的パートナーシップ⼤学プロジェクト ストックホルムチーム/東京⼤学⼤学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センター/(公財)全⽇本私⽴幼稚園幼児教育研究機構/東京⼤学教職⽀援ネットワーク 合同シンポジウム

⽇時 2018 年10 ⽉20 ⽇(⼟)12:30-17:00(開場12:00)
会場 東京⼤学 鉄⾨記念講堂 (医学部教育研究棟14 階)
開会挨拶
⼩⽟重夫(東京⼤学⼤学院教育学研究科⻑/教職⽀援ネット会⻑)
東重満(全⽇本私⽴幼稚園幼児教育研究機構 理事⻑/美晴幼稚園)
講演(第⼀部・第⼆部)
“Learning as a relational field ‒ experiences from Reggio-inspired early childhood education and care in
Sweden” 学びが関係性の場であるということ:スウェーデンにおけるレッジョ・インスパイアの幼児教
育・保育の経験から(前半)
Bodil Halvars & Ingela Elfstrom(ストックホルム⼤学 講師・研究員)
通訳:平林祥(ひかり幼稚園)
指定討論
浅井幸⼦(東京⼤学⼤学院教育学研究科准教授/教職⽀援ネットワーク幹事)
東重満(全⽇本私⽴幼稚園幼児教育研究機構 理事⻑/美晴幼稚園)
Bodil Halvars Ingela Elfstrom
閉会挨拶
秋⽥喜代美(東京⼤学⼤学院教育学研究科教授/同附属発達保育実践政策学センター⻑)
総合司会 遠藤利彦(東京⼤学⼤学院教育学研究科教授/同附属発達保育実践政策学副センター⻑)
詳しくはこちらへ

2018年10月13日 (土)

2018年度日本政治学会研究大会

2018年10月14日 関西大学千里山キャンパス
13:10-15:10
 
D5【分野別研究会企画】 若者の政治参加と主権者教育 (教育と政治研究会)
 
司会:
吉田 徹(北海道大学 )
報告:
D5-1
18歳選挙権で見えてくる日本の政治参加の課題
末木 孝典(慶應義塾高等学校)
D5-2
フランスの若者の政治参加と市民性教育
鈴木 規子(東洋大学)
D5-3
高大接続改革と18歳選挙権
小玉 重夫(東京大学)
討論:
岡野 八代(同志社大学)
田村 哲樹(名古屋大学)
 詳しくは、こちらへ

2018年10月 6日 (土)

教育哲学会 第61回大会

場所 山梨学院短期大学 サザンタワー3階301教室
日時 2018年10月7日 
13:30~16:15
課題研究
「教えること」を再考する
― 教育(哲学)の再構築を目指して ―
司会: 加藤 守通(上智大学)
上野 正道(上智大学)
報告: Biesta, Gert (Brunel University)
小玉 重夫(東京大学)
小野 文生(同志社大学)
 詳しくはこちらへ

2018年9月 2日 (日)

Preparing Citizen Professionals – New Dimensions of Civic Education in Higher Education

Date
Monday, September 3, 2018
Place
Room158, 1F, Graduate School of Education, The University of Tokyo,
7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo, 113-0033, Japan
Timetable
  • 13:00-15:00 Room 158, 1F, Graduate School of Education, The University of Tokyo.
  • 15:00-16:00 Tea Time at Lounge, 1F, Graduate School of Education, The University of Tokyo.

Opening Remark
Dr. Shigeo Kodama
Dean, Graduate School of Education, The University of Tokyo

 Speaker

 Dr. Harry Boyte

The Sabo Center for Democracy and Citizenship at Augsburg University

 Moderator
 Dr. Yuto Kitamura
 Associate Professor, Graduate School of Education, The University of Tokyo

 Commentator
 Dr. Hideto Fukudome
 Associate Professor, Graduate School of Education, The University of Tokyo

 Hosted by
The Center for Advanced School Education and Evidence-Based Research (CASEER), Graduate School of Education, The University of Tokyo and

Japan Citizenship Education Forum (J-Cef)

 Supported by

 JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research (C) No17K04530

 Please find the flyer from here

2018年8月20日 (月)

The 77th Annual Conference of Japanese Educational Research Association

Place: Miyagi University of Education
149 Aramaki Aza Aoba-ku
SENDAI 980-0845 JAPAN

Location map(how to access) is here
 
Date: September 1st, 2018
13:45~16:45 Building 2, Room 220

Research sessionⅡ Education and politics in a global age

Chair:
Shigeo Kodama (The University of Tokyo)
Kaori Kikuchi (University of Tsukuba)
Symposiast:
Harry Boyte (The Sabo Center for Democracy and Citizenship at Augsburg
University)
Fumiko Takahashi (The University of Tokyo)
Mayuko Horimoto (Tokai University)
Sachi Ninomiya-Lim (Tokai University)
《Summary》
 Public education that has been institutionalized as a unit of the nation-state is, in the globalizing world, about to be largely reconsidered in the following points.
 First, the image of citizens cultivated in public education is greatly swaying between those based on the people who make up the nation-state and more multicultural and multilayered ones based on the increasing immigrants and refugees.
 Second, as symbolized by the PISA of the OECD, globalization of the economy promotes the globalization of school education evaluation standards, creating the problem the widening of inequality and the aporia of social inclusion and social exclusion.
 Third, the transformation of the global environment pushes forward the sustainability of society as a global issue, and we are now forced to reconsider the old concept of education that has assumed economic growth. In this symposium, based on these three points, we will discuss the relationship between education and politics in the era of globalization, from the international viewpoint, and then we would like to make this symposium a place to build a new educational paradigm.
 In addition, this symposium is to be held in English only, with no interpreter. Also, we would like to position it as a pre-project of the WERA (World Educational Association) Annual Focal Meeting in 2019 to be held in Tokyo, Japan.

In detail, visit here
And also, visit here

2018年8月19日 (日)

日本哲学プラクティス学会第1回大会

日時:2018年8月26日(日) 9:00~19:00
会場:明治大学 和泉キャンパス第一校舎 地下一階
  シンポジウム(008教室) 15:50~18:20 「哲学プラクティスの〈場〉とは?——教育・研究・制度——」 登壇者:神戸和佳子、小玉重夫、松川絵里、司会:ほんま なほ
詳しくは、こちらへ

2018年7月15日 (日)

お茶の水女子大学附属小学校 開校140周年記念シンポジウム

「子どもから」の伝統が拓く明日の教育―市民性の育成と新教科「てつがく」の挑戦

2018年9月20日

会場 お茶の水女子大学講堂(徽音堂) (仮)

開催時間 16:00~17:30
シンポジスト
小玉 重夫 (東京大学大学院教授)
奈須 正裕 (上智大学教授)
神戸 和佳子(東洋大学京北中学高等学校非常勤講師)
コーディネーター:
池田 全之 (附属小学校長)

詳しくはこちらへ

2018年7月 5日 (木)

現代に求められる主権者教育のあり方と、新科目『公共』について

日本若者協議会主催 第7回勉強会

日時:7月26日(木)19時00分〜21時00分

場所:八丁堀区民館6号室
住所:八丁堀4丁目13番12号

講師:

小玉 重夫 東京大学大学院教育学研究科教授

詳しくはこちらへ

2018年5月10日 (木)

2018年 自由の森学園教育講演会

 

なぜ今、市民教育/シティズンシップ教育か?

――ハンナ・アーレントのしごとを手がかりに

 トークセッション 佐藤和夫×小玉重夫

日 時 2018年9月17日(月・祝)午後2:00~4:30

場 所 ワイム貸会議室 高田馬場 Room C

主 催 自由の森学園 *後援 自由の森学園を支える会

連絡・問い合わせ先 tel 042(972)3131 fax 042(973)7103

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ