講演会・研究会・イベント等の告知

2019年10月26日 (土)

価値判断力・意思決定力を育成する社会科授業研究会 10周年記念研究大会

2019年 10月26日 筑波大学附属小学校

14時45分 10周年記念大会記念対談
演題: 『価値判断力・意思決定力を育成する社会科授業に
おける主体的・対話的で深い学びとは
司会  岡田 泰孝(お茶の水女子大学附属小学校)
講師  唐木  清志(筑波大学)
講師  小玉  重夫(東京大学)

詳しくはこちらへ

2019年10月12日 (土)

The 62nd Annual Conference of Philosophy of Education Society of Japan

13th October, 2019

Buildings K & L, Graduate School of
Education, Hiroshima University (Higashi-Hiroshima)

 

13201605 THEMATIC RESEARCH 205

 

Globalization, Internationalization, and
Universality of the Philosophy of Education

 

Moderators:  Mika Okabe (Osaka University)

                      Fumio Ono (Doshisha University)

Presenters:    Liz Jackson(The University of Hong Kong)

                     Naoko Saito (Kyoto University)

 Discussants: Lothar Wigger (TU Dortmund University)

                     Shigeo Kodama (The University of Tokyo)

                       Yasuo Imai (Japan Womens University / President of PESJ)

 

In detail, see here

 

 

 

 

2019年10月 7日 (月)

情報モラルからデジタル・シティズンシップへ

シンポジウム デジタル時代のシティズンシップ教育
 ―情報モラルからデジタル・シティズンシップへ―
2019年11月9日 主催 法政大学図書館司書課程
共催 日本デジタル・シティズンシップ教育研究会
   岐阜聖徳学園大学教育学部 芳賀研究室
   アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター
   日本シティズンシップ教育フォーラム
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス 大内山校舎Y506教室

13:00 開会の挨拶
13:10 問題提起「デジタル時代のシティズンシップ教育」

坂本旬
 シンポの趣旨説明
 世界のデジタル・シティズンシップ教育の現状
小玉重夫
 デジタル時代のシティズンシップ教育を考える

14:10 各シンポジストから15分ずつ
情報モラルからデジタル・シティズンシップへ

芳賀高洋(情報モラル教育からDC教育へ)
今度珠美(DCの視点からの情報モラル教育の試み)
豊福晋平(DCのカリキュラムと教育実践)

14:55-15:05 休憩

シティズンシップからデジタル・シティズンシップへ
河合知成(高校の現場から)
木村真冬(中学校の現場から)
小栗英樹(文部科学省から)

15:50 ディスカッション
16:50 終わりの挨拶
17:00 終了

詳しくはこちらへ

2019年10月 5日 (土)

2019年度 日本政治学会 研究大会

2019年10月5日  成蹊大学 8号館3階304

自由論題企画 <政治的なもの>の領域変動?

司会:

谷澤 正嗣(早稲田大学)

報告:

A6-1

「経済的なことは政治的である」?――企業の政治理論をめぐって

松尾 隆佑(法政大学)

A6-2

Can Social Egalitarians Reject Political Inequality?

小林 卓人(早稲田大学大学院)

A6-3

自治体における保育の質保証とその政治・行政要因―全国自治体調査の結果から―

村上 祐介(東京大学大学院),小玉 重夫(東京大学大学院)

討論:

谷澤 正嗣(早稲田大学)

荒見 玲子(名古屋大学)

 

詳しくは、こちらへ

2019年9月30日 (月)

中学・高校生のためのサイエンスカフェ 「中高生のための主権者教育」

講師 小玉重夫(東京大学教育学部教授、日本学術会議第1部会員)
 
2019 年9月 30日月曜日15時00分から 16時40分まで

東京大学教育学部棟、1階159教室 


詳しくは、こちらへ

2019年9月21日 (土)

The International Conference on Citizenship/Social Studies Education, Teaching & Learning to be held with the cooperation of the Graduate School of Education, Hiroshima University, at Tokyo

on the 21st & 22nd September, 2019.

The International Conference 2019

Venue: Campus Innovation Center Tokyo 4F

   Hiroshima University Office (Room 408)

22 Sep 2019 Sunday

9:30- 9:40 Opening of International Conference

9:40-10:40 Stephan Ellenwood (Boston University, USA)

(Speech & Q&A)

10:40-11:40 King Man Eric Chong(荘璟珉)

(The Educational University of Hong Kong, 香港教育大学 )

         (Speech & Q&A)

11:40-12:30 Discussion 1

12:30-14:00 Lunch

14:00-15:00 Andreas Petrik (Martin-Luther University in Halle, Germany)

      (Speech & Q&A)

 

15:00-15:30 Shigeo Kodama (University of Tokyo, Japan)

      (Speech & Q&A)

15:30-15:45 Coffee Break

15:45-17:00 Discussion

17:00-17:00 Closing

2019年9月 1日 (日)

東京大学Cedep×まちの保育園 トークイベント「未来の○○まちづくり -これからの社会と子どものための思考デザイン-」

主催:ナチュラルスマイルジャパン株式会社/まちの研究所株式会社
共催:東京大学大学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センター(Cedep)

【日時】
2019年9月1日(日) 13時00分〜16時00分 (開場:12時30分〜)
※16時00分〜17時00分は参加者交流会(先着50名)を予定しています。

【会場】
東京大学 弥生講堂・一条ホール
文京区弥生1-1-1 東京大学弥生キャンパス内

【ゲスト】
・柳澤大輔氏(面白法人カヤック 代表取締役CEO)
・酒向正春氏(大泉学園複合施設・ねりま健育会病院 院長)
・小玉重夫氏(東京大学大学院教育学研究科 教授)
・松本理寿輝(まちの保育園・こども園 代表)

【イベントタイムスケジュール(予定)】
*本イベントは1部トークイベント、2部参加者同士(先着50名)による交流会を予定しています。
(1部)
13時00分〜14時45分   ゲストトーク
14時45分〜15時00分    休 憩
15時00分〜16時00分 パネルディスカッション

(2部)
16時00分〜17時00分 参加者同士による交流会(定員50名)
※参加者同士が感想を分かち合い、交流する会です。まちの保育園・こども園のコミュニティコーディネーターがファシリテーターをつとめます。

詳しくは、こちらへ

2019年8月 6日 (火)

The 78th Annual Conference of Japanese Educational Research Association

2019. 8. 8.

13151615 North1-401 Research Session

 Education and Citizenship: Empowering People for a Global Society

Session ChairMayuko Horimoto Tokai University

       Kaori Kikuchi University of Tsukuba

SymposiastDae Joong Kang Seoul National University

      Yuka Kitayama Osaka University

      Yuichi Furuta Osaka International College

DiscussantShigeo Kodama (The University of Tokyo)

     Harry BoyteThe Sabo Center for Democracy and Citizenship at Augsburg University

In detail see here

日本教育学会第78 回大会

学習院大学

シンポジウムⅠ

2019.8.7.

15151815 北1号館201 シンポジウムⅠ

(公開シンポジウム) 現代社会における教養と市民的自治

司会者:姉崎 洋一(札幌大学女子短期大学部、北海道大学(名誉教授))     宮盛 邦友(学習院大学)

報告者:福井 憲彦(学習院大学(名誉教授))     佐貫  浩(法政大学(名誉教授))     梅野 正信(上越教育大学)

指定討論者:小玉 重夫(東京大学)       水崎 富美(女子栄養大学)       市山 雅美(湘南工科大学)

 詳しくはこちらへ

World Education Research Association 2019: Focal Meeting in Tokyo

Time: Wednesday, 07/Aug/2019: 9:00am -10:30am

Location: Central Building 302

Gakushuin University

with interpreter

 

Education and Democracy in an Age of
Post-truth

 

Chair(s): Tomo Muramatsu (Rikkyo
University)

Discussant(s): Shigeo Kodama (The
University of Tokyo)

 

This symposium is planned as an official
project by the Japan Educational Research Association (JERA).

 

Democracy now brings about unpredictable
consequences, such as the UK 's decision to withdraw from the EU and the
election of President Trump in the United States.
 Especially
since the emergence of the Trump administration in the US, a kind of feeling of
cynicism that distrust the knowledge based on truth has been prevailing, and
the term of post-truth has come to be made.

Post-truth is a contemporary version of
anti-intellectualism that has covered the intellectual world since the end of
the Cold War, Given the trap of an assumption that there is an objective fact
somewhere and that there is correct democratic politics, what is important is
not to oppose simple positivism against anti-intellectualism, but to face the
anti-intellectualism deeply rooted in civil world seriously, and to find out
the possibility of coming democracy laying in the world.

From this perspective, in this symposium
we will discuss the possibility of coming democracy and education in the age of
post-truth.

At this symposium it is planned that
four panelists will be on stage. Gert Biesta at Maynooth University, Harry
Boyte at Augsburg University in Minneapolis, Hiroko Hirose at Senshu University
in Tokyo, and Takako Imai at Seikei University in Tokyo. And this symposium is
chaired by Shigeo Kodama at the University of Tokyo.

 

Presentations of the Symposium

 

New concept of citizenship education as
a process of subjectification

 

Gert Biesta

Maynooth University

References:

Gert Biesta, The Rediscovery of
Teaching, Routledge, 2017

New Dimensions of Civic Education in an
age of Post-truth

 

Harry Boyte

The Sabo Center for Democracy and
Citizenship at Augsburg University in Minneapolis

References:

Harry Boyte, Everyday Politics:
Reconnecting Citizens and Public Life, University of Pennsylvania Press, 2005

 

Hiroko Hirose

Senshu University

Reconstruction of School Governance
toward a new public education

References:

Hiroko Hirose, 'Consequences of a recent
campaign of criticism against school sex education in Japan', Sex Education ,
Routledge, UK,
 Taylor & Francis Group, Volume
13(Issue 6), 2013

 

In detail see here

 

 

 

 

より以前の記事一覧

他のアカウント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ