講演会・研究会・イベント等の告知

2017年12月 2日 (土)

シンポジウム「主体的・探究的な学びの体験とその効果検証に向けて―東大附属中等教育学校とCASEER の挑戦―」

日程

201817日(日)13:3017:001300受付開始)

会場

東京大学医学部教育研究棟14階

鉄門記念講堂

 

主催

 東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化・効果検証センター

 共催

 東京大学教育学部附属中等教育学校

 後援

 東京大学高大接続研究開発センター

 

司会

山本義春(CASEER教授・教育学研究科副研究科長)

 

挨拶

五神 真(東京大学総長)

恒吉僚子(教育学部附属中等教育学校校長・教育学研究科教授)

 

I 部 主体的・探究的学びの体験

13:40  附属学校の卒業研究が目指してきたもの

沖濱真治(教育学部附属中等教育学校副校長)

13:55  附属学校の卒業研究は東大での学びに何をもたらしているか

―附属学校を卒業した生徒の立場から

田中茉由子・小長井優・富木菜穂(東京大学教養学部)

コーディネーター 小玉重夫(教育学部・教育学研究科研究科長)

 

II 部 効果検証への挑戦

15:00  パネル調査の試み、およびその結果から見えてくるもの

川本哲也(CASEER 特任助教)

15:50  附属パネル調査の意義と可能性

宇佐美慧(東京大学高大接続研究開発センター准教授)

16:10  個人追跡型データの生成・分析の意味

市村英彦(東京大学大学院経済学研究科教授)

16:30  アクティブラーニング研究の発展

溝上慎一(京都大学高等教育研究開発推進センター)

 

閉会の言葉

能智正博(CASEER センター長・教育学研究科教授)

詳しくは、こちらへ

2017年11月 8日 (水)

吉野作造記念館後期企画展記念講演会

「18歳選挙権と政治教育」
2017年12月2日(土)14時より
講師 東京大学大学院教育学研究科教授・小玉重夫
電話予約必要、0229-23-7100、
吉野作造記念館
詳しくはこちらへ

2017年10月15日 (日)

教育学研究科・教職支援ネットワーク合同シンポジウム

『研究大学における教師教育の可能性:「開放制の教員養成」の意義を再検討する』
 
登壇者(五十音順)
勝野 正章 (東京大学大学院教育学研究科教授)
菅間 正道 (学校法人自由の森学園高等学校教頭)
前田 香織 (東京大学教育学部附属中等教育学校主幹教諭)
山屋 秀夫 (長野県下高井郡木島平村立木島平小学校長)
 
コメンテーター
小玉 重夫(東京大学大学院教育学研究科長)
 
司会
藤江 康彦(東京大学大学院教育学研究科准教授)
日時・会場
10月21日(土)13:00~16:15
東京大学本郷キャンパス 赤門総合研究棟2階 200番講義室
参加費
無料
 
詳しくはこちらへ

2017年10月12日 (木)

第26回価値判断力・意思決定力を育成する社会科授業研究会 お茶の水女子大附属小大会

論争的学習と哲学的対話
 
日程  2017年 10月14日土曜日
会場 お茶の水女子大学附属小学校
9時30分 受付開始
 
15時10分 講演「哲学的対話と政治的判断力の育成」
             講師  小玉 重夫(東京大学)
             司会  岩坂尚史
詳しくはこちらへ

2017年9月24日 (日)

教育哲学会第69回大会

大阪大学 吹田キャンパス
人間科学研究科棟
2017年10 月15 日(日) 16:30 ~ 18:30
ラウンドテーブル5 〔 本館4 階 第44 講義室 〕
「子どもの哲学」は教育的思考をいかに刷新するか
企画者・司会者:小玉重夫(東京大学)
提案者:森田伸子(日本女子大学・名誉教授)
岡田泰孝(お茶の水女子大学附属小学校・教諭)
久下谷明(お茶の水女子大学附属小学校・教諭)
石川直実(東洋大学京北中学高等学校・教諭)
神戸和佳子(東京大学大学院・院生、
東洋大学京北中学高等学校・非常勤講師)
指定討論者:室井麗子(岩手大学)
詳しくはこちらへ

2017年9月 9日 (土)

教育思想史学会第27回大会

2017 年09 月09 日(土)- 10 日(日)
武庫川女子大学中央キャンパス 学校教育館
第1日目(9月9日)
フォーラム2(16:30~18:15)210 教室
ポストトゥルースの時代における教育と政治――よみがえる亡霊、来たるべき市民――
報告者
小玉 重夫(東京大学)
司会者
松浦 良充(慶應義塾大学)
 
詳しくはこちらへ

2017年8月 5日 (土)

発達保育実践政策学センター(Cedep) 2017年度公開シンポジウム

「人生のはじまりを豊かに~乳幼児の発達・保育研究のイノベーション~」

【日時】 2017年8月6日11:00-17:00 (開場10:15~)

【会場】 東京大学安田講堂

【主催】 東京大学大学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センター

【プログラム】
□ 午前の部(11:00~12:30):基調講演
Starting Strong V:日本の発達・保育研究の今後に向けて」
田熊美保(OECD教育スキル局シニア政策アナリスト)
 
指定討論/小松親次郎(文部科学審議官)
        小玉重夫(東京大学大学院教育学研究科長)

□ 午後の部(13:30~17:00):Cedep調査・研究報告

Cedep最新調査研究紹介:スマート保育への挑戦
2016年度Cedep調査報告
保育・幼児教育施設の園庭調査
「幼児教育の推進体制構築事業」実施に係る調査分析
病棟保育に関する調査
 
討論・解説/秋田喜代美・遠藤利彦・村上祐介(Cedep)

まとめと展望 遠藤利彦

閉会挨拶 小玉重夫

詳しくはこちらへ

2017年7月16日 (日)

日本学術会議公開シンポジウム 教育と学術の明日を考える

2017年 7月30日 13:00~17:00
場所 島根大学 大学ホール
主催 日本学術会議第一部 島根大学
提言「ことばに対する能動的態度を育てる取り組み
―初等中等教育における英語教育の発展のために」をめぐって
報  告:梶   茂 樹(日本学術会議第一部会員、京都産業大学現代社会学部教授)
コメント:縄 田 裕 幸(島根大学教育学部教授)
提言「18 歳を市民に ―市民性の涵養をめざす高等学校公民科の改革」をめぐって
報  告:小 玉 重 夫(日本学術会議第一部会員、東京大学大学院教育学研究科教授)
コメント:毎 熊 浩 一(島根大学法文学部准教授)
提言「「歴史総合」に期待されるもの」をめぐって
報  告:久 保   亨(日本学術会議第一部会員、信州大学人文学部教授)
コメント:丸 橋 充 拓(島根大学法文学部教授)
提言「学術の総合的発展をめざして ―人文・社会科学からの提言」をめぐって
報  告:三 成 美 保(日本学術会議第一部会員、奈良女子大学研究院生活環境科学系教授)
コメント:田 中 則 雄(島根大学法文学部教授)
     朝 田 良 作(島根大学法務研究科教授)
     尾 崎 浩 一(島根大学生物資源科学部教授)
 詳しくは、こちらへ
 

2017年5月21日 (日)

日本政治学会 2017年度総会・研究大会

会場:法政大学市ヶ谷キャンパス
2017年9月23日(土)
10:00-12:00 分科会(A1~A8)

A-6
教育政治学の創成に向けて (教育と政治研究会)

司会:
小玉重夫(東京大学)
荻原克男(北海学園大学)
報告:
田村哲樹(名古屋大学)
「教育政治学と政治理論」
徳久恭子(立命館大学)
「教育政治過程分析の理論的可能性」
討論:
吉田徹(北海道大学)
村上祐介(東京大学)

詳しくはこちらへ

2017年4月22日 (土)

一般社団法人協同総合研究所 2016 年度 第 8回研究会

教育現場の市民自治
地域づくりのために
-いじめの問題から18 歳選挙権 まで -
 
日 時 2017年 5月 27 日(土 ) 13:30~16:30
場 所 日本労協連 日本労協連 8階 B会議室
報告者 小玉重夫
資料代:1,000円(会員、学生、障がい者は500円)
詳しくは、こちらへ

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ