« NPO法人ど・あっぷ! 「子どもと社会をつなぐ教育実践」 ~総合学習におけるシティズンシップ教育を通じて~ | トップページ | 価値判断力・意思決定力を育成する社会科授業研究会第13回大会 »

2014年8月 1日 (金)

日本教育学会第73回大会 ラウンドテーブル 教育政治学の創成へ向けて

2014年8月22日(金)17:00~19:00 九州大学箱崎キャンパス
司会者:小玉 重夫  (東京大学)

報告者:荻原 克男(北海学園大学)

    村上 祐介  (東京大学)

    小玉 重夫  (東京大学)

指定討論者:山下 晃一  (神戸大学)

《趣旨》

 日本には教育政治学という学問領域が明確な形では存在しない。そこで、本ラウンドテーブルでは、以下の三つの課題を設定し、教育政治学の成立条件を議論したい。第一は、日本において教育と政治が分離してきた歴史を批判的に対象化することである。第二は、政治学のパラダイムがアメリカの脱行動論革命以降、規範・実践学と実証科学とに分離してきた経緯を分析し、その再統合の可能性を探究することである。第三は、上記二つの課題遂行に基づいて教育と政治の新たな関係把握のための条件を探ることである。以上を通じて、教育学と政治学のパラダイム革新の可能性について意見交換し、自由に議論する場としていきたい。

参加については、こちらも参照。当日参加可能です。

« NPO法人ど・あっぷ! 「子どもと社会をつなぐ教育実践」 ~総合学習におけるシティズンシップ教育を通じて~ | トップページ | 価値判断力・意思決定力を育成する社会科授業研究会第13回大会 »

講演会・研究会・イベント等の告知」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ